結婚指輪をください

2017年24歳になります。

ぐるぐるの感情を言語化

私のしたいことは何なのか

私の望んでいることは何なのか

目標はどこなのか

どうして今を生きてるのか

 

最近そんなことを考える。私のこれまでの人生における選択は合っていたのだろうか。自信を持って色々なことを選択してきた。心の羅針盤に従って、自分の信じる道を進んできた。別に揺らいでいるわけではない。今の生活に不安を抱いているわけでもない。ただ、ただただ疑問に感じるだけである。

 

「私の本当にしたいことって何?」

 

幸いなことに、就職は院1年次に決まり、後は論文を書いて卒業するだけである。将来は決まっている、約束されている。狭き門をくぐり抜けた自信はある。その職業が自分に合っているとも感じる。だけど、これって、本当に私のしたい仕事なの?不満でもない、将来への不安でもない、だけどふと感じること。

 

本当はね、お笑い芸人になりたい。吉本に入りたい。タレントになりたい。女優になりたい。スタイリストになりたい。マネージャーになりたい。9割強で、芸能界に関わりたい気持ちが強い。だけど、進む勇気がなかった。今までの不自由なく過ごしてきた環境とか、将来への周りからの期待とか、全部手から離せなかった。周りが悪いとかじゃなくて、ただ単に私が選択出来なかっただけの話。

 

今の生活が誤りだったとは微塵も思わない。大学院に進んでよかったと心から思う。誰もが進める道じゃないし、就職先だって、何年も受け続ける人達がいる中で1発で受かったし、周りの人達の笑顔も見れた。適性だってあると本当に思う。

 

だけど、これでいいのかなって思いが心の端の方で主張する。「人生1度きりなのにいいの〜」って。

 

先日ね、カメラマンさんに写真を撮ってもらうことがあったの。野外撮影で、お着物で。色んな角度で、表情で、太陽の下、すごく気持ちよかった。考えてみれば、小さい頃から写真屋さんに撮ってもらうの大好きだった。お着物で撮ったり、ドレスで撮ったり、制服で撮ったり。シャッター切る間に、ちょっとメイクさんが直してくれるのも大好きだった。カメラマンさんが褒めてくれるのも、シャッター切る音も大好きだった。

 

スタイルいいわけじゃないし、顔だってモデルさんみたいに可愛いわけじゃない。だけど、撮影中楽しくて、出来上がった写真もいつもより可愛いんじゃないかって思えて。

 

この世界で生きて生きたいって、小さい頃は考えてた。

 

いつしか、その夢を心の底に閉まって、現実味のある夢を上に被せてた。その仕事だって、なりたいと思ってた。心からなりたいか、って聞かれたら頷くことは出来ないけど望んだお仕事。その職業になれる喜びはあるけど、やっぱり、これでいいのって思ってしまう自分がいる。

 

何なんだろう、これは。

 

何度も何度も繰り返すけど、自分の人生における選択が間違ったって思ったことは一度もない。正解を選んできた自信しかない。自分で選んだ道ばかり。でも、なんか、物足りない。かといって、踏み出す勇気もない。きっと、このまま、進んでいくんだと思う。それもいい。私の選んだ道だから。私が選択した道だから。

 

ぐるぐるの感情を言葉にしたらちょっと光が見えた。すっきり。言語化するって大切だね。

 

 

 

羽柴ねね